Home > 登山 > 再び、金剛山「千早本道を辿る」

再び、金剛山「千早本道を辿る」

  • 2005-05-27 (金) 17:15
  • 登山

再び、金剛山「千早本道を辿る」

昨年11月に初めての金剛山に挑戦して、案外な登りやすさに自信が付き、今回は想像するのも嫌だった階段がひたすら続く道を登るという千早本道に挑戦することになった。さらに杉林が視界を遮って景色にも期待が持てないと聞いていたのも二の足を踏む理由だったが、五月の好天に誘われてフト思い立って出かけることに。

しかし、ところが、実に気持ちのいい半日を過ごすことができた。階段は思ったよりも歩きやすく(先々週に登った葛城山の階段はしんどかった。歩幅に合わせた段差の少ない階段を整備された関係者に感謝)、景色だって新緑のいい季節ということもあって充分満足。何回も登ったり、いろいろなところを登ると単調な道に思えるのかも。初々しさというものは何につけても新鮮な感動を与えてくれる。

再び、金剛山「千早本道を辿る」

歩きはじめて40分、最近まで茶店があったという跡地前のベンチで水分補給のために小休止。登る途中3箇所ほど左右に階段が分かれているが楽そうな道を選ぶ。そして、すぐに合流する。3度目だったか右側が楽そうかと思いそちらに向かう。すぐに合流するものとばかり思っていたが、なかなかどうして、少し離れていく感じ。

再び、金剛山「千早本道を辿る」

とにかく上に向かっているのでままよと進む。結局はこの道を辿ったのが大正解で「新道」というらしく、視界も少し開けブナ林の新緑とその中の朱の華やかさに疲れも何もふっ飛んでやや興奮。

合流後は右の階段を登ったが、ここは左を行くべきだと下山時に思う。次は右・左と登ってその反対を帰ることにしようと・・・また登る気、マンマンである。

千早園地

やっと登り着いたのは10時35分。1時間10分。葛城山よりはうんと楽であった。さて、お昼にするには少し早すぎる(実は2時間はかかると思って、国見城跡でお弁当して下山という予定だったのだ)、で、ピクニック広場まで行こうかということになり自然林の中をロープウェイ駅方向へ。そういえば、ちはや園地に広〜いデッキがあったはず。そこで弁当を広げよう。この選択も大正解。途中のれんげつつじはまだまだ奇麗で思わぬ緑と朱の織り成す自然の美しさにただただ感嘆しつつデッキの緑陰に座を占める。

大和葛城山

帰りは葛城山の見える道を辿って元の山頂へ、そして、12時15分下山開始。下りはこれほどの階段を登ってきたのかと思うほどの階段、階段、階段の連続である。先にこの階段を下ってそれを戻らなければならないとしたら、絶対に拒絶してどうなろうといいから座り込んでしまいたくなると思う。駐車場まで55分。そこから家まで20分。9時〜1時半、素晴らしい半日を過ごさせていただけた。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=647
Listed below are links to weblogs that reference
再び、金剛山「千早本道を辿る」 from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > 再び、金剛山「千早本道を辿る」

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top