Home > 登山 > ダイトレ2日目

ダイトレ2日目

  • 2007-11-19 (月) 21:25
  • 登山

海に浮かぶのは関空、奥は淡路島

←海に浮かぶのは関空、奥は淡路島

最初の予定では今日は葛城山から紀見峠まで歩きに歩くつもりだったが、いかんせん世間のしがらみからはなかなか逃げ切れず、金剛山から下山しなければ約束の時間に間に合わない。今朝は昨日とは打って変わり飛び切りの快晴。宿で作ってもらったおにぎりを詰めて8時過ぎに出発。まずは山頂から360度の展望を楽しめば、関空から六甲の山並み、淡路島、明石海峡大橋の橋桁まではっきりと見える。岩湧山の奥に連なる山並みも素晴らしくこのブログのヘッダの写真はこの時に撮影したもので、中央の山頂が少し禿げたように見える山が岩湧山。

白い建物が葛城高原ロッジ

←白い建物が葛城高原ロッジ

今回はダイトレの一部縦走が目的だったが、金剛山で山を下りるのなら葛城山〜水越峠〜一の鳥居のダイトレコースは何回か歩いているのでこれにこだわることはない。青崩から金剛山へも登ってみたいと思っていたので急遽予定変更して天狗谷を青崩に下山。青崩からは最初は急な登りで、山頂間際までは植林ばかりで展望もほとんど楽しめないが、一ヶ所、葛城山を望むポイントがある。あそこからここまできたのかと思うと少し感慨深い。

思わぬ感動! 紅葉と樹氷のセット

←思わぬ感動! 紅葉と樹氷のセット

セトのベンチで小休止。地図を見るとここまで来るとあと少し。国見城跡に近付くと自然林が目立ちまだまだ紅葉が奇麗。あれ?何か白いもの・・・樹氷・・・かな? 今朝は冷え込んだと思っていたがまさか11月のこの季節に樹氷が楽しめるとは思いもよらぬこと。しかももう12時近く。紅葉と樹氷と二ついっぺんに楽しめるという贅沢に遭遇したのは普段の行いがいいせいだろうと独りほくそ笑む。山頂の気温12度、寒いはずだ。ロッジで作ってもらったおにぎりと熱いコーヒーでランチタイム。至福の一時。

千早本道のもみじの紅葉

←千早本道のもみじの紅葉

さて、帰りのバスに合わせるため長居はできず千早本道から下山。あとはただひたすら下るのみと思っていたのが大いなる嬉しい誤算で、緩やかな新道を下ればなんと素晴らしい紅葉。ちょうどもみじが最高の艶やかさを迎えているようで、こんなに千早本道の紅葉が素晴らしいとは思ってもいなかった。駐車場代と階段続き、回数登山の方の慌ただしさでこの道は敬遠していたが、やはり王道には王道のよさがあるものと感心するやら納得するやら。結局ダイトレは予定の半分も歩けなかったが、紅葉、樹氷と台風並みの大風のご馳走に堪能できた2日間の山旅であった。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=49
Listed below are links to weblogs that reference
ダイトレ2日目 from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > ダイトレ2日目

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top