Home > 登山 > 金剛山・太尾道東尾根

金剛山・太尾道東尾根

  • 2008-01-15 (火) 16:12
  • 登山

登山口

←登山口

昨日は娘の成人式で待機させられて絶好の金剛山の霧氷を見に行くことができなかったので、今朝の冷え込みに期待して初めての太尾東道から登ってみた。雲一つない晴天だ。しかし、昨日見た金剛山は頂上から7合目辺りにかけて真っ白に輝いていたのに、今日は黒い山塊のように見える。とりあえず、行ってみる。

ローブ頼りの急峻な登り

←ローブ頼りの急峻な登り

バス停隣接の駐車場に車を停め、少し下ると登山口が確認できる。すぐに急登が始まる。時折やや平坦な道があるのが何よりの救いだ。太尾西道と合流してからの尾根伝いは気持ちのいい山道だ。樹林越しに葛城山、五條市街、大阪平野が時折顔を出す。何箇所かの急峻な登りを終えると太尾塞跡、といっても何もないダイトレ方面との分岐点。ここのベンチで小休止して菓子パンを頬張る。

大日岳からの眺め

←大日岳からの眺め

六道の辻を経て大日岳に向かう途中で少し道に迷いかける。広い道を道なりに行ったら急に狭くなって下降して行くように見える。引き返すとちょうど右手上から下山してくる人がいたので、よく見ると杉木立の中を直進して登る道がある。漫然と歩いていてはいけないと気を引き締める。さて、大日岳。大阪側も視界が開けていい展望だが、頂を雪に覆われた大峰の山々を眺められるのが爽快だ。

青空に輝く霧氷の花この辺り少し霧氷は残っているが、日差しを受けて溶け出している。遅かったかと、期待せずに国見城跡まで到着すれば、まだまだ残っている。歓声あるのみ。霧氷の向こうには関空、淡路島まではっきりと見える。河内長野市街も今日はとっても鮮明に見える。あれが市役所だ、あれが西友、烏帽子形公園もはっきりわかる。山頂は穏やかで思いのほか暖かかったのでゆっくりと市内探訪をしながら、カップのカレーラーメンとおにぎりで腹一杯になれば、あとは下山のみ。

美加の台中学校と小学校のグラウンドがよく見える

←美加の台中学校と小学校のグラウンドがよく見える

とにかく車に戻らなければならない。青崩道を下るのが楽だが、下って車に戻るまでが一仕事。ダイトレを下れば車に戻るには楽だが、あの長い林道歩きは面白くない。他の道は、知らない。で、来た道を往復するかということで太尾東道を下ったが、これは下るよりは登りに使いたい道だと思った。今度は太尾西道から登って青崩道を下る周遊コースを歩こうか。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=352
Listed below are links to weblogs that reference
金剛山・太尾道東尾根 from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > 金剛山・太尾道東尾根

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top