Home > 登山 > 小都知ノ峯・町石道(1)

小都知ノ峯・町石道(1)

  • 2009-02-15 (日) 22:58
  • 登山

「紀伊山地の霊場と参詣道」の丹生都比売神社境内として世界遺産へ登録された、町石道から西に少し下った天野の里にある丹生都比売神社は天照大御神の妹神・丹生都比売大神が祀られており、1700年の歴史と高野山の地主神として町石道とは深い所縁がある。その丹生都比売大神が天野の里に鎮座するに至ったのは、天野の里の東の山稜(町石道はその少し下の山腹を通る)である小都知ノ峯(おづちのみね:683.5m)から国見してのことだといわれている。伝説・由来はともかくとしても、小都知ノ峯は町石道の上に位置して少しの距離だが並行して尾根道を歩け三等三角点もあるという。

小都知ノ峯・町石道
九度山町の無料駐車場、利用時間は8:00〜18:00

小都知ノ峯・町石道
南海高野線九度山駅、9時19分乗車

小都知ノ峯・町石道
南海高野線上古沢駅、9時31分下車

小都知ノ峯へは町石道からだとほんの一足、また、丹生都比売大神が天野の里を国見されたというのだから当時は町石道もなく、天野の里側から登るはずもないので、東側から登られたのであろう。町石道からのエスケープルートとしてパンフレット等に紹介されている上古沢駅からアプローチすると当時の雰囲気が味わえそうである。

小都知ノ峯・町石道
上古沢駅から俯瞰。正面の山が小都知ノ峯?

九度山町の無料駐車場に車を置き九度山駅から南海高野線に乗込み上古沢駅で下車。日曜日の絶好の晴天とあって車内は高野山に向かうたくさんの観光客で一杯だ。上古沢駅で降りたのは私1人。古峠へ向かうので右の急坂を下る。駅へ向かうには結構きついだろうと思う急な坂道だ。国道371号線までは途中枝道がたくさん分かれているので標識頼りとなる。国道371号線を横断して左の坂道を上るがこちらも急坂で分岐が多く標識を見逃さないように注意して登る。集落を抜けると柿畑が広がる。今日の陽気で汗がどっと吹き出てくる。

小都知ノ峯・町石道
駅を出るとすぐに急な下り道、駅に向かうには辛いだろうなあ

小都知ノ峯・町石道
国道371号線を横断して左の坂道を上る

小都知ノ峯・町石道
集落を過ぎると柿畑が広がる

小都知ノ峯・町石道
樹林帯へと入っていく

小都知ノ峯・町石道
分岐が多いので標識を見逃さないように

小都知ノ峯・町石道
耕作物のある所ではイノシシ除けの高圧電流で柵をしている

小都知ノ峯・町石道
舗装、未舗装を繰り返しながら山道へと入っていく

小都知ノ峯・町石道
平坦な直進の道にはピンクのテープが多数見えるが、右上に登る

舗装路が地道に変わりホッとするもまた舗装路になったり、イノシシ除けの高圧電流柵が道際にあったりと楽しくもない道がつづく。それもかなりの急坂で、濡れた時の下りはきっと滑りやすいだろうと思う。分岐する道は多いが標識はしっかりと建てられておりまず迷うことはないだろう。駅から40分たらず歩いた所の分岐で朽ちかけた標識たよりに右へ登っていく。ここからは植林の中の本格的な山道となる。それも急坂で、駅から約1時間、古峠までは道は荒れていないが山登りの険しさで、町石道へのアプローチとしては決してすすめられない。エスケープルートとしても道が濡れた日は滑りやすく、緊急時は天野の里へ下るか、予定には最初から組み込まないほうがいいと思う。ただし、小都知ノ峯へのアプローチとしては登った感は大いにあった。

小都知ノ峯・町石道
ずっと登りが続く

小都知ノ峯・町石道
初めての階段

小都知ノ峯・町石道
どんどん登る

小都知ノ峯・町石道
空が見えてきたのであと一息

小都知ノ峯・町石道
正面に124町石が出迎えてくれると古峠到着だ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=3070
Listed below are links to weblogs that reference
小都知ノ峯・町石道(1) from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > 小都知ノ峯・町石道(1)

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top