Home > 登山 > 金剛山 - 石ブテ尾根道〜ガンドガコバルート - (1)

金剛山 - 石ブテ尾根道〜ガンドガコバルート - (1)

  • 2008-12-06 (土) 17:21
  • 登山

小雪の散らつく中を水越川公共駐車場に着いたのは9時30分。暖かい季節は土日ともなるとこの時間では満車の時が多かったと思うが、寒くなるとグンと人は少なくなるようだ。今日の予定は青崩から石ブテ尾根道を上り、ガンドガコバルートで太尾塞跡から水越峠に下る。ともに初めての道なので楽しみだ。青崩のトイレで用を済まし青崩道への入口を右に見過ごして(9時45分)林道を奥へと進む。途中大楠公が描かれているという大堰堤を左に見て鉄製の橋を渡り沢を右に見るあたりからは荒れた林道となる。やや急坂で落ち葉に雪が積もり滑り易い。

石ブテ尾根道
林道を少し進んで振り返ると、葛城山の麓に棚田が見える

石ブテ尾根道
大楠公の描かれた大堰堤

石ブテ尾根道
鉄製の橋を渡ると林道は荒れた感じになり、沢が右手に近くなる

15分ほど歩くと林道は細くなり、すぐに舗装は途切れる。そこからすぐに分岐点があり、右に行くと青崩道に行くらしい。赤いテープに導かれて直進する。ぬかるんだ箇所を過ぎると沢を渡って右岸を歩くと石ブテ林道の標識があってその先に石ブテ尾根道への取り付きの小さな案内板が掛かっている。この間5分程度で、この取り付きから急坂を上り出すとほとんど迷うこと無く六道の辻まで行けるだろう。しかし、思っていた以上の急な登りで這い上がるように木や岩を頼りによじ登るといった感じだろうか。写真を撮る余裕もなく30分足らず悪戦苦闘すると、やっと少し緩やかになって尾根に登り着いたようだ。左から登ってくる道と合流して(下りは間違い易そうで、注意!)平坦なところの木株に腰掛けて小休止して補食。10時35分、歩行再開。

石ブテ尾根道
林道が細くなり、舗装路が途切れると・・・

石ブテ尾根道
すぐに分岐があって石ブテ尾根道へは直進

石ブテ尾根道
そしてすぐに沢を越えて右岸に

石ブテ尾根道
行き止まりにこの標識。ここから急坂に。青崩トイレから20分ほど

石ブテ尾根道
ここは緩い箇所。きつい所は写真を撮る余裕がない

石ブテ尾根道
笹も両側に茂ってきて、そろそろ尾根に近付いたと思ったが・・・

石ブテ尾根道
まだまだ急坂はつづく

石ブテ尾根道
30分近く登り詰めて尾根に取り付いて、平坦な所で小休止

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=2603
Listed below are links to weblogs that reference
金剛山 - 石ブテ尾根道〜ガンドガコバルート - (1) from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > 金剛山 - 石ブテ尾根道〜ガンドガコバルート - (1)

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top