Home > 登山 > 大山登山(2)

大山登山(2)

  • 2008-10-30 (木) 9:09
  • 登山

山頂近くの木道で麓で一緒に休憩した登頂1500回を越えるという矍鑠とした先輩と擦れ違う。山頂付近は2度という寒さの中、半パン姿でちょうどいいというから恐れ入る。年を重ねてもかくありたいものだと思った。さすがにこのガスの中では山頂には誰一人として居ない。のんびりする間もなく避難小屋(先客は10名足らず)に入って熱いコーヒーで身体を温める。一息つけば長居しても始まらない。ガスが晴れるまで気長に待つ根気もない。そそくさと下山にかかる。

大山登山
山頂

この時間になると下から登ってくる人が多くなる。六合目にはたくさんの人が休憩している。ガスも大分と薄れてきたようで青空も広がり出し、今から山頂に着く頃には展望も期待できそうだが、これから下る身に取っては少し残念に気にもなる。しかし、下山時には太陽の光に照らされて紅葉が見事に冴え渡り、下りの急階段の疲れを忘れさせてくれる。景色に見とれている時間が少なかったのと下り用の迂回路の木道を通らなかったので普段より時間短縮で登りに2時間15分、下りに1時間45分。ガスに包まれた山歩きもまた一興であった。

大山登山
元谷大堰堤

大山登山
晴れ間も広がってきた

大山登山
麓の紅葉

大山登山
六合目から三鈷峰、弥山山頂はまだガスの中

大山登山

大山登山

大山登山
下るにつれ太陽の光を受けた紅葉が眩しい

大山登山
大山寺橋から弓ケ浜

大山登山
帰りに桝水原に立ち寄ると山頂がはっきりと見える

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hohoho.3six.jp/wp-trackback.php?p=2336
Listed below are links to weblogs that reference
大山登山(2) from 歩歩歩の sampo

Home > 登山 > 大山登山(2)

This week Photo
Google
LINKS
チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
高野山町石道

Page Top